結婚相談所の歴史

みなさん、こんにちは。
横浜で働くひとの婚活サポートをしているYokohama Marriage Agencyです。

このトピックスでは、最近多くの人が利用するようになった結婚相談所の連盟についてを書いてみたいと思います、

もともとの結婚相談所連盟は日本仲人連盟と日本ブライダル連盟の2つの本部でした。会員さんとのやりとりはコンヒューターシステムではなく、本部から送られて来る1ページ12名の会員資料のみであったと聞いています。あるいは資料を見に相談所まで足を運んで仲人さんと相談してお見合いするお相手を決定していたというのですから、いまではなかなか考えられないような状況ですよね。

今現在は良縁ネットさんや、日本結婚相談所連盟(IBJ)さんが進出していmして、それ以外にもサンマリエさん、ノッツェさん、その他大手企業さんが加わり今の婚活市場が出来上がっています。そうなってくると困惑しているのは会員となる皆さんなのではないでしょうか。

何故かと言うといろいろな本部が出来過ぎてしまったために、どの相談所が自分にとって適正なのかがわからずどこに入会して良いか解らないという背景があるのではないかと思います。しかも結婚相談所のルールが違うため、お見合いから交際、そして成婚に至るまでの流れがそれぞれ違います。

Yokohama Marriage Agencyでは、伝統ある日本仲人連盟に加入して多くの会員さんとのご縁をつないでいます。昨今はITを活用したオンライン検索でお相手を探すのが主流ですが、人と人のご縁をつなぐお仕事であることは今も昔も変わりません。対面でのご相談も歓迎しております。

以下には参考までに大手相談所さんのリンクを貼り付けておきますが、色々見比べた中で自分にあう相談所をお選びくださいね。

オーネットさんのリンク パートナーエージェント

Follow me!

前の記事

料金について