よく相談をすることが、成婚への近道

みなさん、こんにちは。
横浜市 緑区 長津田にある結婚相談所 Yokohama Marriage Agencyです。

今回はお問い合わせ頂いた内容についての解説、自身の考えを記述していきたいと思います。

なかなか自分の状況を伝えられない。どうしたらいいのだろうか?

お見合いが終わり、デートを重ねると、次のステップに行きたいのに、相手がどう思っているかが分からない。それゆえに次のアクションに迷ってしまい、なんとなく時間が過ぎ去ってしまうという事があると思います。

こういう時にこそ、相談して解決していくことが求められます。

でも、この相談って、誰に行うのでしょう。いくつか考えられますよね。

例えば仲人に相談する。仲人は婚活のプロですから、的確な助言をいただけることと思います。その際に、交際中の状況であったり、自身の心境(例:相手のことが好きだから、前に進みたい。まだ相手に対しての気持ちがはっきりしない。どう思っているのだろうか?)と言った部分も仲人の方に伝えてあげてください。状況を確認しあえることが結婚相談所のいいところ。単なるアドバイスをもらうというスタンスではなく、状況を加味してお伝えして、方針を決めていくのが一案です。

他には・・・例えば自身の周りの友人や家族に相談してみるという方法もあります。親しい友人や家族は自身のことをよく理解していますし、どういう性格か、把握されているでしょう。そうした身の回りの人に相談して共感を得られるかどうか?この辺りも見極めポイントになると思います。独身が集う女子会などでは先に結婚されまいともくろむ人もいるなんて言う話もありますが、ここは自身の見極めも大事なところ。

そしてもう一つ。交際中のお相手に気持ちを確認するという事です。直球すぎる!と思いかもしれませんが、結婚相談所はそもそも結婚を目指した男女が集う場なのです。ですので、自分の気持ちをしっかりと伝えていく行為は大事になります。ましてや交際中ともなればいろいろな方とお見合いをしていて、みなさんそれぞれ悩んでいるのです。大事であれば、他に行ってほしくないのであれば、どうすべきかはわかりますよね。

大事なのは他に行かれないように、自分が心を開いてきちんと伝えるという事だと思います。

婚活のお悩み相談会を行っています。詳しくはこちらの記事をご覧ください!→婚活相談会のご案内
入会相談は随時受付中!お問い合わせはこちらから→お問合せフォーム
SNSのDMからメッセージを送っていただいても構いません!→Twitter / Instagram / Facebook

Follow me!

前の記事

よくある質問

次の記事

9月になりました