ファーストコール後に起きた出来事

みなさん、こんにちは。
横浜市 緑区 長津田にある結婚相談所 Yokohama Marriage Agencyです。

今回は、ファーストコールのあとに起きた不幸な出来事についてを書き記しておきます。

お見合いが成立し、滞りなくお見合いが行われました。最初に合流する時、マスクをしているからお引き合わせ場所に集合しても、どこにお相手がいるかわからない。

そういう状況でしたが、なんとか合流することができたのは本当に良かったです。何よりも次に繋ぐ事ができたのが本当に嬉しく思いました。

ところが、その後の連絡のやり取りで関係が崩れていくことになります。

男性側からファーストコールを行ったのですが、その際に、次回の予定が決まりませんでした。ただ、ファーストコールの際にLINEのIDを交換したのは良き出来事でした。LINEのIDを交換したので、以後はLINEでやり取りを行うことになったようです。

その後のやり取りが問題です。何度かやり取りをしても、日程が一向に決まらないのです。

女性はお休みが土日祝日ではなく、変動性。男性は土日祝が休み。そのため、少し日程を合わせづらいという状況ではあったと思います。

男性「いつが空いていますか?」

女性「実は今日、おやすみでした」

男性「え・・・?」

ヒアリングをもとに再現

休みを尋ねていたら、その日が休みだった。

他にもこういう事がありました。

女性「今度の週末は連休ですけど、何をしているのですか?(なぜこの人は誘ってくれないのだろう。この週末、予定空きあるのに。)」

男性「仕事が忙しかったので、家でのんびりしようと思います(この人は土日も仕事だから、彼女の休みに職場の近くで合流すれば負担かけないかな?)」

ヒアリングをもとに再現

カッコの中の思いはそれぞれが思い描いていたことで、本人に伝わっていない。結果、お互いがモヤモヤしてしまう形になっていきました。女性側は「自分から誘うこともできるけれど、できれば男性がリードしてほしい」ということを仲人さんに相談していたようです。

その後、女性から男性あてに「もっと積極的に誘ってほしい」とLINEが入り、男性側もやっと「では、○○日でいかがですか?」という連絡をすることになったのです。

この日程決めのLINE。最初のやり取りからすでに一週間程度経過していました。

女性の中では、もやもやした気持ちが拭えなかったようです。女性の方から交際終了の連絡が来てしまいました。

この流れを見て、皆さんにはどう映るのでしょうか。

「男性がきちんと誘わないのが悪い」と思う方もいらっしゃるでしょうし、「女性も思っているだけじゃなくて最初くらいリードしてあげたらいいのに」と思う方もいらっしゃるでしょう。それぞれの意見があると思います。

私は双方ともに、誠実な対応ができていなかったのが良くないと思います。結婚を前提にしている人同士が集っているのですから、その決意を行動にも結びつけていただきたいのです。まだ一回しかお愛したことのないお二人。これは信頼関係がまだ築けているとは言い難い状況と思います。

こうした出来事を通じて得たことは「結婚を真剣に望んで活動しているか」、「誠意ある行動がとれる人か」、「話し合いのできる人か」。こうしたことがお相手とのやり取りで求められてくるのです。あなたの魅力を伝えるのも大事ですが、そもそも人として信頼を得ることが何よりも大事なことだと考えます。

婚活のお悩み相談会を行っています。詳しくはこちらの記事をご覧ください!→婚活相談会のご案内
入会相談は随時受付中!お問い合わせはこちらから→お問合せフォーム
SNSのDMからメッセージを送っていただいても構いません!→Twitter / Instagram / Facebook

Follow me!

次の記事

9月のNNR定例会